入れ墨を消すなら中央クリニック!

入れ墨を消すのに必要な金額

入れ墨消すのは料金はいくら、痛みはどれくらい!おすすめのクリニック案内

一般に刺青の除去は切除などのオペによる方法が一般的で、カラータトゥーにはレーザー除去は困難とされてきましたが、中央クリニックでは幅広い色に対応するエンライトンやピコシュア−などの最先端のレーザーマシーンを導入しています。

入れ墨消すのは料金はいくら、痛みはどれくらい!おすすめのクリニック案内

除去の費用については基本的に縦・横の大きさを計り、平均値を出して治療方法の金額を当てはめることになります。
レーザー治療が3回以上かかるケースの場合は、ペアリングレーザーや切除といった方法を選択したほうが安くなってくるので、中央クリニックでは患者の希望を訊いた上で状態をみて適した治療法を案内してくれます。

 

入れ墨を消すのに必要な費用の計算方法はつぎの通りです。
入れ墨の縦幅と横幅(cm)を足して2で割った数値x施術別の費用が治療費となります。ここには局所麻酔や薬代をすべて含みます。
たとえば縦13cm、横3cmの入れ墨をペアリングレーザーで治療した場合、施術費用が48,600円(税込み)/cmなので、(13+3)÷2x48,600円=388,800円(税込み)になります。
レーザーの種類別の単価はスペクトラピコレーザーが20,000円/1cm、ペアリングレーザー45,000円/1cmです。

 

大きめの入れ墨で多少色が残っても構わないという場合に皮膚を薄く削る皮膚削皮法は30,000円/1cmです。また切除して皮膚を縫い合わせるため小さめのものに適した切除縫縮法は40,000円/1cmです。ただし、ひざ下、ひじ下、頬は1.5倍、また分割切除も1.5倍の費用が必要です。
臀部など自分の別の部位から取った皮膚を移植する皮膚移植法の場合、60,000円/1cmです。ひざ下、ひじ下、頬は1.5倍になります。
支払い方法は現金、クレジットカード、頭金0円から最長84回までの低金利医療ローンの3種類があり、組み合わせて利用することができます。

公式ページ

中央クリニックの入れ墨・タトゥー除去の料金システム

日本では、ファッションとしてタトゥーを入れる若者が増えています。海外では有名スポーツ選手やミュージシャンの中にもタトゥーを入れている人が多いため、彼らに憧れてタトゥーを入れてしまう人も少なくありません。しかし、タトゥーは、日本では入れ墨、刺青と呼ばれて一般的には良いイメージを持たれません。
学生の時は問題なくても、就職や結婚をする時に困ってしまい、刺青を除去する人は多いのです。
刺青除去で有名な中央クリニックにも、多くの若者が除去目的で訪れています。

 

入れ墨消すのは料金はいくら、痛みはどれくらい!おすすめのクリニック案内

中央クリニックは、治療の前にカウンセリングがあるので、初めての人でも安心です。サイズを見て、また生活状況などをヒアリングして、適切な施術法を提案しています。
中央クリニックには様々なメニューがありますが、仕事を持っている人に人気のメニューがレーザーによる除去です。
レーザーを照射した部分の皮膚は熱に反応して色素が破壊されます。
昔は、レーザー治療は赤色や黄色などカラフルな色には使えませんでした。しかし、最近はカラーにも対応するレーザー機器が登場しています。

 

レーザーでの治療は、冷却しながら施術を行うため、輪ゴムで弾いたくらいの痛みで済みます。皮膚がヒリヒリする場合は、軟膏などの処方も行っています。レーザー治療の料金は、サイズなどによっても違ってくるため、直接クリニックに問い合わせた方が正確な料金が把握できます。
支払いは、現金以外にクレジットカードや低金利医療ローンも選ぶことができます。

公式ページ

中央クリニックの入れ墨の除去

入れ墨消すのは料金はいくら、痛みはどれくらい!おすすめのクリニック案内
自分をよりかっこよく見せたい、自分の体そのものをオシャレに飾りたい、みたいな感じで、入れ墨(刺青)やタトゥーを体の色々な場所入れる人は少なくないでしょう。
若い人たちの間ではもしかするとファッション感覚で入れるものなのかもしれませんが、多くの一般の人たちから見たら、そういうのが体に入っている人は怖い人だというイメージがあります。
なので周囲の人の目が気になったり、年を取って考えが変わったといった理由で、入れ墨やタトゥーを除去したくなる人も多いみたいです。

 

入れ墨消すのは料金はいくら、痛みはどれくらい!おすすめのクリニック案内

人気の美容クリニックである中央クリニックには、そういった目的で足を運ぶ人も少なくありません。
中央クリニックの入れ墨の除去には、いくつかの種類の方法があります。例えば、処理した後のお肌ができるだけきれいな方がいいという人にはレーザー除去が適しているんですが、サイズが大きい場合には適しません。
早く消すことができる方法である切除方も、皮膚の一部を斬ってから縫い合わせるというやり方なので、大きなサイズの人は受けることが難しいでしょう。入っているサイズが大きい人には、皮膚を薄く削る剥削というやり方や、自分の体の他の部分の皮膚を切り取って移植するというやり方が適しています。

 

中央クリニックで入れ墨の除去を受ける場合には、そういったいくつもの方法の中からその人に合っているものを選んだり、痛みや傷跡などについての不安を解消するために、丁寧なカウンセリングをしてくれるので安心です。

公式ページ

入れ墨やタトゥーを除去した人の口コミ

 

 

わたしは、若い頃に入れた入れ墨を皮膚科で除去した経験があります。
私のタトゥーは、幸いにもとても浅いという事で、レーザーによって簡単に除去できると先生から言われました。
レーザーによる治療は、入れ墨の黒い色素に反応するレーザーを照射することで消す事ができるということでした。
治療について口コミをすると、少し皮膚に温かさを感じただけで全く痛みはなかったです。
おかげで、半年、皮膚科に通い続け、皮膚がとてもきれいになりました。


公式ページ